Alone in Battle.net

My name is cosine150, noob of noobs.....

TOP | ALL ENTRY | RSS | FONT SIZE : S L Default | ADMIN
|

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Grubby won WCG2008

WCG2008のウォークラフト3部門はGrubbyの優勝で幕を閉じたようです。
ここ最近のGrubbyは優勝がなかなか取れない印象でしたが、大舞台でやってくれました。
プレスコンファレンスの動画を発見したんで張って起きます。


とりあえずインタビュー内容をノートとり終え次第うpします

とりあえず追加
インタビュアーが何いってるかわからなかったので諦めました…
インタビュアーのせりふがあるところは段落で分けてます
下のcontinue readingから読めます
スポンサーサイト

ずいぶんと懐かしい面々



ずいぶんと懐かしい方たちが出てます。
BBCの番組なんかな…どうもナレーターの声に聞き覚えが…

いつの間にやら

LiveStationのニュース記事にリンクが…
恥ずかしいやら何やらで…笑
でもいい感じでモチベーションが上がって来ました
残ってた数本の記事も全部ではないですが訳してみようと思います。


Personal Performance and Strats

君とStrifecroが世界トップクラスの2v2チーム(Susiria/LuciferとDark/Yaws)に勝ったことに対してはどう思ってる?

2v2ではソロよりもマクロが重要になるんだ。その2試合に関していえばマクロ面で大きく差をつけることが出来たと思うよ。もうひとつはユニット編成かな…

相手がどう出てくるのかがわかれば、そのアンチユニットを作るんだ。それで序盤から中盤にかけてアドバンテージを稼いでおいて、相手がこちらのユニットに対して出してくるであろうアンチユニットを予測して、こちらもそのユニットに対するアンチユニットを相手より先に作っておく…という風にね

casterに対してfaerie dragonを出しておいて相手のsiegeユニットに対してはhippo riderを出すという風にかい?

そういうことだね。ただhippo riderはDPSがすばらしいおかげでそれ自体でcasterに対処できるんだよ。

ではNEプレーヤーがHumに対してFaerie DragonだったりHippo Riderを使わないのはどうしてだと思う?

ミクロをしっかりすればBear/Dry編成でほとんどのHumユニットには対処できるからね。物事がうまくいってるうちは直そうとなんて思わないだろ?

あとはHippo RiderがHumのRifle/Caster編成に弱いのもあるだろうね。Faerie Dragonに関していえばHumのCasterの数が多い場合に組み込むのを見たことはあるけどね。

NEプレーヤーの中にはFaerie Dragonをあまり使ったことのない人もいるんじゃないかな。しっかりとした知識が無いんだと思うよ。Faerie Dragonから距離をとればダメージを受けることは無くなると思いがちだけど、実際には後退してるユニットは無防備だから他のユニットでダメージを与えることが出来るわけさ。それになんてったって消費フードが2だからね。

バランスを語る際にランダムプレーヤーほどいい相手はいないと思うけど、現時点ではゲームはバランスが取れてると思うかい?バランスを崩す要因になっているアイテム、ヒーロー、ユニットは何かあるかい?

COOKIE strategiesって何ぞやが分からないので、ここはなんちゃって要約だけ…

種族間バランスはよいが、種族の中には強いユニットとそうでないユニットがあり、これがゲームの奥深さを制限しているとのこと。






とりあえずきょうはこれで…

Axslav interview2

MYMのページに繋がるようになったので旅行前にパート2を
時間の関係で最初の序文?をカット

Strategy and Meta Game

プレイし始めた当初に目標にしたプレイヤーはいるかい?
ひとついえるのはIdeal Clanのメンバーはお互いにいい相手だったってことだね。ほとんどのメンバーは軍事に関しての歴史に長けていたし、実際の戦術にも造詣が深かったしね。Ideal-Hero(今はポーカーで荒稼ぎしてるよ)は得にいい練習相手だった。1v1、2v2どちらともにね。

いつも頭の片隅にあるのは、LTでのIdeal-Trixsterでのゲームだね。ほぼ勝利を確実にしていたんだけど、だまされてLV9と10のヒーローを孤島にまで引き込まれたところでZeppelinを破壊されてね。そのあとはヒーローたちは孤島で追いかけっこさ。(新しいZeppelinは買わせてもらえなかったよ)

自身の戦略についてはどう思う?事前に考えておくのかい、それともゲーム中に作り上げていくの?
その組み合わせってとこかな。ある程度のプランは試合前に立てておくよ。(huntressかarcherで行くのか、1stヒーローに中立ヒーローを雇うのかどうかとかね)あとゲーム開始後4,5分に関してはある程度偵察で得た情報を元にプランを立てておくね「IEはなんの略でしょうかid estではないだろうし?」(即進化の相手に対してはaow expandをするし、rushしてくる相手なら2aowでrushかmassunitに移るようにしてるよ)

そのあとは相手のプレイスタイルと戦略にあわせてやっていくよ。(同じ戦略で来る相手だとしても、積極的に攻めてくる相手と、ヒーローをただ右クリックしてるだけの相手とでは僕の戦略は違ってくるよ。)

自分の予測不可能な戦術が君を長くにわたってトップの座に座らせているのに役立っていると思うかい?
なんともいえないね。僕自身、これ以外のプレイスタイルをとる自分を想像できないからね。僕みたいな自分のスタイルを持ってるプレイヤーにとっては相手に関係なく操作量だけで勝負するって言うのは信じられないことだし、練習にも時間がかかりすぎるよ。そこまでこのゲームにじかんを費やすわけには行かないからね。



時間がないのでとりあえずここまで
旅行から帰ってきたら続きUP予定
操作量勝負じゃ勝てないってのは非常にわかる気がします
無駄なしのAPM200位からは別世界すぎる

Axslav interview

僕自身はプロシーンに疎いのでAxslavも詳しくはしらないのですが
面白そうなインタビューがMYMに挙がってたので訳してみます。

記事自体は結構な長さがあるので、WC3に関するとこだけにしておきます
とりあえず今回は1章分だけ
このあとさらに詳しくWC3について語ってます


しかしこんなの需要はあるのか…
間違いがあれば教えていただけるとありがたいです

Begginings and Game Philosophy
Axslavが所属するクランKoDに関して言えることは彼らが結果よりもチーム内の協調や友情を重視していることである。YaneやKowiがチームを去ったのも理由のひとつはこのようなスタイルによるようだ。

彼らがチームとうまくやれてなかったわけではないが、純粋に勝利だけを求めるのがチームの信条ではないのだ。E-Sports界ではこのようなチームは大変珍しいものだ。(Fnaticはそのような大変チーム内の中が良いチームの一つだが)

Axslavはゲームのために人生をささげるようなことはしていないのだ。彼にとってはゲームはゲームなのだから。


週にどれだけの時間をゲームに費やすんだい?
大体は2時間のソロと4時間のチームゲームってとこかな。後は、どんなリーグが開催されてるかにもよるけど大体1から4ゲームをリーグ内の試合としてプレイするよ。season6中はずいぶんやったけどね。平均すると1日4時間はソロをしてたかな

トップ6には残れたかい?
いや。トップ6には残っていたんだけど、最終日にへまをしちゃってね。500expを失って9位になってしまったんだ。(もし最終日にプレイしなければきっと7位だったと思うよ。そうすれば複数アカウントを利用しているプレーヤーや連絡のつかないプレーヤーの変わりにファイナルに残れたかもしれなかったけど…)

普段はどんな練習をしてるんだい?何をどうやって?
season6を除けば僕は普段は重要なチームの試合が近くなるとやる気が出てラダーでゲームをするようになるんだ。ただ2,3試合もやれば飽きちゃうんだけどね。僕にとってはリーグ戦や知り合いとたまにやるカスタムゲームが練習だよ。

すぐ飽きちゃうのは君が変わったプレイスタイルを好む原因だと思うかい?
そういうわけじゃないんだけどね。いつも勝つことを目標にはしているからね。ただ、アンチユニットを作ってミクロ勝負ってゲームをやったんじゃあトッププレイヤーには勝てないからね。

いつも相手がどう考えているかを予想して、相手が見たこともないような予想外の動きをするように心がけるようにしてるよ。

WC3をプレイし始めたのはいつ?最初のレースは?
ROCが出てしばらくしてから知り合いが教えてくれたのがきっかけさ。

ランダムでプレイし始めて、humanを使った1,2週間を除けば1度も変えてないよ。

WC3を競技としてプレイするようになったのはいつだい?クラン暦を教えてくれるかい?
そうだね、プレイし始めてからはずっとラダーのトップにいたよ。(demo/wagon/mortar/ballistaを使ってcaster/ghoul/dryad/AoWとかの編成の相手を倒し続けてきたんだ)

ラダーをプレイし始めて1,2ヶ月したころだったかな…気の会うプレイヤーたちと知り合ってねIdeal Clanを設立したんだ。カスタムゲームをしてお互いに高めあってたよ。

TFTが出てすぐにクランは解散したよ。ポーカーで一山当てようとしたやつもいたし、ずっとWC3に戻ってこなかったやつもいるよ。しばらくゲームから離れてたんだけど、どうやらリーグ戦があるということを知ってね、Team rS(Suboshi達がいたね)に助っ人として入ったんだ。

もっともそのクランには2,3週間しかいなかったけどね。どうもIdealのときほど楽しめなかったんだ。(Suboshiはいいやつだし、彼とのカスタムゲームは非常に楽しかったけどね)そのあと、どこだったかでACL(Azeroth Clan League)のホームページを見つけたんだ。それに出たくてKoDに入ったんだ。KoDで数週間楽しんだあとにIdealのメンバー数人とStrifecroをチームに戦力として誘ったんだ。

それからはずっとKoDにいるよ。メンバーの交代だったりで名前は変わったりしたこともあったけどね。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。